Information blog

Every day wink your life

ブログについて、いつストイックになるの自分?

 

 

ここ数日、アドセンスアフィリエイト用語をちょこちょこと勉強し始めました。

 

でも全然わからない。サイトのデザインもできない、文才も無い、特に強いネタがあるわけでもない私が何を書いていけば人に読まれるんだろう?

 

何っ年も前に付き合っていたパソコン関係の会社の元彼ならできるんだろうな~なんて、思い出す始末で。

なんだかごめんなさい。

 

ブロガーとして活躍している方の記事を読んでいて共通していることは

「とにかくつづける」

「ほとんどの人が結果が出ずにやめていく」

でした

人間が一番難しいのって続ける事じゃないの・・・?

ランニングとスクワットが毎日続いた日は無いです!

ストイックとは程遠い。

でも。

私みたいに、頭もよくなくて大した特技もない人間は続けることしかできないんじゃない?

今、ブログのやり方を教えてくれてる方はやっぱり色々な面で賢くて、オールマイティだなぁと感じます。

長文をさらっと書いているし世の中の人が知りたいことをキャッチするのがすごく上手い。

パソコンも得意ですし。

それだけスゴイ人から教えてもらえてる事に感謝です。

(結果出せてないのが申し訳ない、ごめんなさい)

 

 

はねるのトびらで、キンコンの西野さんが「俺って努力の天才やわ~」って言っていてその時はただ面白~~い、西野ってナルシスト~程度にしか受け取ってなかったけど、今の西野さん見てたらなんだかものすごく考えさせられるというか・・・

えんとつ町のプペル」のあの繊細な絵は一朝一夕で描けるものじゃない、

(元々絵が上手というのはもちろんあるでしょう、)

最初の絵本は売れなかった。だから、どうやったら売れるか勉強して、プペルの絵本を自腹で一万冊以上を買い取って売り切った。

えんとつ町のプペルの売上は25万部超え。

ここまでするのにどれだけの事をしてきたんだろう、なんてはてなブログ書くまで考えたこともなかった。

SNSですぐに他人を見る事ができます。

それで、すぐ他人をうらやんでしまう。

私はそれ持ってない・・・いいな。なんて。

けど、SNSで見れるのは100あるうちの1だけで、その人が胃を痛めながら作業してたり怒られてる所や悔し泣きしてる所なんて載せてないだけで。

 

人と比べても何も進まない。

けど、自分よりも持ってるとか自分より劣ってるとかそんなジャッジをいつもしてしまう。

それっていつからなんだろ?と最近疑問に思う事が増えて来ていて。

その、[持ってる 持ってない]の基準は何なのかって事、

自分はその見てる人のどこを、どれくらい、理解してるのかって事。

自分はこれからもそうやって自分の気持ちじゃない他人や世間の作った基準で、ジャッジして生きていきたいの?

それは嫌。疲れる。それってすごくつまらない人間だし

そもそも自分のこともきちんと見れてない人間が他人の事見れる?と。

 

自分の今抱えてる欲望や願いは他人ありきのモノ。

そうじゃなく、もっとハッキリスッキリさせていきたいです

 

プラダを着た悪魔という映画でアンディ(アンハサウェイ)の彼氏が

「君が誠実に働くならストリッパーでも構わない」

というセリフがあって。

アンディのその時の状況に、その言葉を言う彼氏いいなぁと。ものすごいカッコよく見えた。

 

何が書きたいのかさっぱりわからなくなった!これ公開したくない 涙

 

ごちゃごちゃ言ってないで筋トレでもやれ!って言われるかな・・・

 

 

まよいマイマイがぐるぐるです

 

まよいマイマイとは西尾維新の小説『化物語』の第二話で、八九寺真宵を扱ったストーリー

ピクシブ百科事典より引用

 

 

では!逃げます